関西リサイクルシステムズ株式会社
当社のリサイクル 会社案内 地球温暖化とリサイクル 見学のご案内 家電リサイクル法とは
見学のご案内
見学の様子
見学者ホールでの説明   高校修学旅行での工程内見学
海外からの研修者へ展示コーナー案内   小学生へ実験による説明
  
 
京都府亀岡市在住の洗濯機が大好きな小学生が、段ボールで工作した洗濯機を持参し、2年続けて工場見学に来てくれました。 
昨年は全自動洗濯機だけでしたが、今年は新たに製作したドラム式洗濯機を見せてくれて、実際にドラムを動かしたり、取り替え出来る部品などの説明をしてくれました。 

アンケートの声
見学者実施アンケートより

40歳代 女性 家電の解体を見学して、毎日使っている家電製品をもっと大切に長く使おうと思いました。
60歳代 女性 もっと大雑把なリサイクルかと思ってましたが、とても細かく考えてリサイクルされていることに感動しました。
10歳代 男性 フロン回収の工夫などが知れてよかった。
30歳代 男性 20年前から言われ始めたリサイクル活動が、しっかり形になっていることが分かり参考になりました。
10歳代 男性 リサイクル法など国の政策について知ることが出来てよかった。
40歳代 女性 リサイクルの重要性、理解が深まった。
60歳代 女性 こんな話は電気屋さんも聞かせてくれないので、大変勉強になりました。
小学1年生 女子 クイズや実験が楽しかった。
小学5年生 女子 うず電流の実験が一番おもしろかった。
小学5年生 男子 空気の力で室外機が持ち上げられていた。
小学4年生 女子 洗濯機を解体したらいろんな部品が出てきて、知らないものばっかりでおもしろかった。
小学4年生 女子 機械がたくさんつながっていて、分解したものをもっと粉々にしていた。
小学3年生 女子 テレビの仕組みが分かっておもしろかった。
たくさんのアンケートの声の中より、一部を掲載させて頂きました。
ご協力ありがとうございました。
ページの先頭へ
Copyright (C) Kansai Recycling Systems Co.,Ltd. All rights reserved.
トップページへ戻る サイトマップ