地域社会への貢献

地域社会への貢献

地域や自然環境との共生をモットーに、地域への協力を積極的に行っています。
その中で、小中学生を含む地域の方々のさらなる環境意識向上のために、広く環境教育の場と機会を提供するなど、都市型家電リサイクルプラントとして地域社会の環境に配慮し、21世紀の資源循環型社会の実現・発展に貢献します。

地域社会への貢献

(1)環境出前授業の実施

2018年8月に、奈良県天理市にあるシャープミュージアムにて夏休みの親子見学会の催しとして「リサイクル博士になろう!」というタイトルで、環境出前授業を実施しました。
家電製品に使われている鉄やプラスチックなどを選別する方法を、実験やクイズを交えて学び、感じて頂きました。
そして今回は、ブラウン管テレビと薄型テレビを同時に解体し比べることで、両方の違いを知って頂きました。

※詳しくはこちらのサイトをご覧ください。

(2)地域イベントへの参加

2020年盛夏、今年もグリーンカーテンの育成に取り組みました。
今年は朝顔とゴーヤの鉢を前後に分けて、緑のカーテンに厚みを持たせたことで、西日をしっかり遮り空調の効きが例年より良かったように感じました。
ゴーヤも緑色だけでなく白色も育てたのですが、従業員の皆さんは見慣れない色に興味津々でした。実ったゴーヤは従業員の皆さんの食卓を彩ったことでしょう。

グリーンカーテンの育成状況

白いゴーヤ
2020年8月3日に、枚方市地球温暖化対策の取り組みとして、「クールダウン・枚方~みんなで打ち水大作戦」に参加しました。梅雨明け後の晴天の中、来場のドライバーさんへの束の間の涼を提供するために、打ち水を行いました。

2月15日、16日に、枚方市くずはモールにて枚方市主催の環境イベントに出展しました。買い物に訪れた方や、枚方広報誌をご覧になってお越しになった方などが立ち寄られ、風力や磁石を使った素材選別の実験やクイズに参加していただきました。

KRSC展示

渦電流実験体感

クイズパネル
2020年2月8日に、「ひらかたエコフォーラム2020」に出展し、再生プラスチック及びフロン回収業務を中心に、KRSCの環境貢献活動を紹介しました。
今年は伏見枚方市長と佐藤ゆかり環境副大臣がブースに足を運んでいただき、素材選別の実験など体験していただきました。
当日は、地元ラジオ局のエフエムひらかたから取材を受け、生放送でKRSCの紹介をさせていただきました。

環境貢献活動

伏見枚方市長

佐藤環境副大臣

エフエムひらかた取材
2019年11月3日に、「枚方市環境フェスタごみ減量フェア」に出展し、ご家庭で使われなくなった家電製品の再資源化の取組みを紹介しました。
今年は洗濯機の解体実演を午前と午後の2回実施し、家電製品がどのように処理されていくかご覧いただくことで、多くの来場者に関心を寄せていただきました。

太陽光発電システム

当社では、本社工場に165kWと、第二工場に20kWの太陽光発電システムを導入、使用電力の一部を環境に優しい自然エネルギーでまかなっています。

太陽光発電システム

本社工場の屋根に155kW
南壁に10kWシステムを設置

太陽光発電システム

第二工場の屋根に20kWシステムを設置