当社のリサイクル

21世紀の資源循環型社会にふさわしい
先進のリサイクルプラントとして
「人と地球に価値ある高度資源循環型企業」をめざします。

■ 資源循環型社会への貢献

家電製品の自己循環型マテリアルリサイクルを推進し、高品質の再生素材を社会に循環させます。

■ 新製品のリサイクル設計に寄与

プラントで得た情報やノウハウを設計開発部門にフィードバックし、新製品のリサイクル性を向上させます。

■ 環境経営の推進

回収素材の付加価値を高め、徹底した廃棄物の削減と再商品化率の向上に努めます。

■ 環境教育等を通じた社会貢献

工場見学を中心とする「環境教育」をはじめ、社会貢献活動を積極的に行います。

自己循環型マテリアルリサイクル

当社では、シャープ(株)と共同開発したプラスチックの自己循環型マテリアルリサイクル技術をもとに、使用済みの家電製品から回収したプラスチックをシャープの新しい家電製品の部材として繰り返し再利用する取り組みを進めています。

【自己循環マテリアルリサイクル量】

2001年40tからスタートし、用途の多様化により需要が増加して、現在では、1,000t以上の出荷量となっています。


自己循環型マテリアルリサイクル部品

当社で分別破砕されたプラスチックは、再生加工メーカーにて物性調整され、家電新製品の部品として再生・再利用されます。

情報開示

開かれたプラントとして、事業情報の開示に努めています。

(1)-1 特定家庭用機器廃棄物の再商品化等

当プラントで特定家庭用機器再商品化法に基づき、実施された
2018年度の再商品化率(※1)および再資源化率(※2)は、次の通りです。
再商品化率 再資源化率
エアコン
エアコン 94% 98%
ブラウン管式テレビ
ブラウン管式テレビ 78% 99%
液晶・プラズマ式テレビ
液晶・プラズマ式テレビ 87% 97%
冷蔵庫・冷凍庫
冷蔵庫・冷凍庫 77% 96%
洗濯機・衣類乾燥機
洗濯機・衣類乾燥機 92% 94%


※1 再商品化率=再商品化重量[B]÷再商品化等処理重量[A]
※2 再資源化率=(再商品化等重量[C]+処理費を弊社負担で再使用、再利用可能にした重量)÷再商品化等処理重量[A]

A:再商品化等処理重量
再商品化等をした特定家庭用機器廃棄物の総重量

B:再商品化重量
製品の部品または原材料として利用(熱回収は除く)する者に有償又は無償で譲渡し得る状態にした重量

C:再商品化等重量
燃焼の用に供することができるもの又はその可能性のあるものを、熱を得ることに利用する者に有償又は無償で譲渡し得る状態にした重量に、再商品化重量[B]を合算した重量

(1)-2 LCA

LCA(ライフサイクルアセスメント)とは環境影響評価の手法です。
使用済み家電製品はリサイクルを行うと解体・部品回収され、再び家電や他製品用の再生素材に生まれ変わります。
この方法と、家電リサイクル法施行以前のように「使用済み家電を埋め立て処分し、回収されるはずの素材を天然資源を利用して製品化」する方法とを比較した場合、当プラントの効果を身近なものに置き換えてみます。
2019年9月実績
自動車 1,680台相当
伸銅線 400km
新幹線 東京~岐阜羽島相当
アルミニウム アルミ缶 590万本相当
プラスチック PETボトル 1000万本相当

(2) フロン回収量

2018年度
冷媒フロン回収 173t
断熱材フロン回収量 13t
合計 186t
一般に使用されているスプレー缶[420ml(380g)]に換算すると年間約49万本を回収したことになります。

(3) 防災訓練、安全衛生

2019年5月14日に総合消防訓練を、練習用消火器を用いた初期消火や消火栓による放水訓練を含めて実施致しました。また、消防隊の方から、担架を使用せず要救護者を搬送する方法の説明を受け、全員で体感しました。